03-6278-9370

【営業時間】11~22時(最終受付21時)
【定休日】木曜日

2017年2月

  • こんにちは、

    院長の伊藤です。

     

    今回は、東洋医学における用語

    「五臓六腑」「気・血・津液」ってなんなの?

    というのを表にしてみました。

    こんな感じなんですが、「へぇ〜、それで?」って感じじゃないでしょうか?

    これらが不調になるとどうなるのか。

    ということをはりきゅうやあん摩マッサージ指圧の学校では3年かけて学習していきます。

     

    上の表の補足ですが、「気」と「血」が循環する通り道を「経絡(けいらく)」と言い、経穴(けいけつ)はその道の上にあると考えられています。

    経穴を刺激することで、気と血の循環を良くし、五臓六腑の働きを整えて行く。ということなのです。

     

    今回は以上にします。

    興味のある方は資料など、ご紹介しますので、お気軽にご相談ください^_^

  • こんにちは
    源 整体院・はりきゅう治療院

    院長の伊藤です。
    最近、体のだるさや目の疲れ、肩のコリ・足や顔のむくみ、肌のハリ・ツヤがなくなる、手や足の先が冷える、など感じることはありませんか?

    それらを自覚するようになっても、「病気じゃないから、大丈夫!」と頑張ってはいませんか?

    たしかに、まだ頑張れるうちは「病気」ではないのかもしれません。
    しかし、何らかの不調を自覚しているということは、すでに体からSOSのサインが出ているということです。
    そのような状態を、東洋医学では「未病(みびょう)」と言います。

    健康な身体があってこそ精神も健全でいられる。
    仕事や家庭のことがしっかりと出来るポイントだと思います。

    すなわち、未病を治すこと。これが健康を保つうえでとっても大切なことです。

    今回は、その未病を改善する「ツボ」ってなんなの?ということで、簡単に言わせていただきます。
    身体に無数に存在する「ツボ」は、東洋医学では「経穴(けいけつ)」と呼ばれ、「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」の異常「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」が滞るところとして、はり・お灸や指圧などをするためのとても重要なポイントです。

     

     

    経穴を刺激することで、気と血、津液の循環を良くし、五臓六腑の働きを整え、「未病」を治し、健康な身体を保つことができると言われています。

     

    ご自分でも押せるツボはたくさんあるので、今度ご紹介しますね。
    次回は

    さっき出てきた

    「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」

    「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」

    ってなんなの⁇

    を簡単に説明しようと思います。

     

    では、また次回!

  • 美容はり6000円  ➡︎ 4500円で御提供!!

    他の割引きと併用で最大更に1000円お得に!

    1. 先月から大変ご好評いただいておりますので、3月も引き続き継続させていただきます!